釣りはこうでねーと

どうもです。
暑いですね。

夏のために1年がんばって生きてるタイプなんですが、
さすがに今からこんなに暑いと、2w後くらいの真夏になる頃には
釣り場では素っ裸になっているかもしれません。

---
日時:2008/07/05(sat) 18:30~23:30
場所:平磯港
潮汐:中潮(満:18:51→干:23:40)
エサ:アオイソメ
釣果:Yuriko…メバル7、アジ1(NMB)
   Acchan…メバル10、シーバス7(NMB)
 (*NMB=なんちゃってメバリング)

---

さてさて、いやぁ、釣りって楽しいですね。
(…金曜の夜とは大違い。。)

磯崎も大洗も良い釣果をあまり聞かないのと、
このところの夜霧の深さは常陸那珂に行く気もなくさせて
久々に平磯に行ってみることにしました。

1ヶ月前くらいかな?平磯のあるポイントで20cmくらいの
ガシラ(カサゴ)が釣れている情報をもらっていて、
海藻いっぱいの平磯なのでメバルも釣れるだろうってことで
磯崎に向かうところをわざわざ引き返して、平磯に向かったんだよね。

それがなんと大正解ですよ。ま、聞いてくださいな。


平磯に着いた頃にはもうすっかり夕暮れどき。
いわゆるメバルタイム・スタートなとき。

夕暮れどきの平磯港

ここのところ、茨城に行き過ぎてて高速代を節約したいこともあって
最近は17:00以降に大洗のICを降りるように時間調整してるんだよね。
そうそう、夜釣り=メバルになっているのは、そのせいでもあるわけです。

と、釣り場に着いて早々、ゴロタな釣り場にスリッパで降りていきながら、
ヘタすると波をかぶりそうだなと思いつつ、キャスト開始。

良型ですよ

良型ですね、20cmくらい。
驚いたのは、他のポイントよりぷっくりしてるのと口臭がない。

最近釣るメバルは、海藻から肉食になってるからだと思うけど、
ちょっとオイニーが強めなんですよね。
だけど、平磯はキレイな魚体に口臭ゼロ。

暗くなってからも立て続けにヒットします。

Yurikoは違う場所でがんばってたんだけど、
遠くの方から「アジが釣れた!」と叫んでます。

が、すぐに「うわぁー、海に落としたー」と叫んでました。

なにしてるんだろ…。
ただ楽しそうなのは声でわかりますけど。。

そして、20:00くらいからシーバスの時間帯に突入しました。
投げれば必ずってくらいにヒットします。

引くねぇ~

30cmちょっとくらいのセイゴクラス。キレイな魚体ですわ。
(激しく濃霧なので真っ暗でしょ…)

こんなおもしろい時間帯に限って、
Yurikoは「コンビニ行ってくる」とふらふらっと帰ってこないんですね。

Acchanがちょうどシーバスをつかんでるとき帰ってきたので
これもご縁と言うことでそれはお持ち帰りにすることに。

なんかYurikoの目がキラキラしてますよ。

そしてシーバスの時合いが終わって、21:00くらいになったころかな。
霧が晴れてきて、景色がはっきり見えるようになってきました。

相変わらず場所柄か潮の流れがキツイので、
「そろそろデカメバル、いや、シーバスまたこないかな」
なんて思っていた頃ですよ。

やっとデカメバル

来ましたよ!25cm足らずですがプクプクのメバル。
シーバスかと思うくらい引きましたわ。
20cm越えた魚の数センチってぜんぜん大きさが違うよね、ホント。

近くでメバル狙いで釣っていたおっちゃんも駆けつけてきました。

「そんなんで釣れるんか?」と釣り場に来てから
ずっとヒットしっぱなしのAcchanたちに興味津々なご様子。

そんで勢い余って、そのおっちゃんが
「おねえちゃんも(Acchanと)同じ場所で釣らないとさぁー」
とYurikoに発破をかけてます。

「そ、そうだよ…ね…」

って戸惑いながらYurikoがAcchanのポイントで釣りを始めたんだよね。

そっからだよ。

おもしろいことにおっちゃんが自分の釣りをやめて
ずっと後ろでYurikoの釣りを鑑賞し始めたんですよ。

そんな状況なので、Acchanは休憩するしかなくて、
Yurikoは釣るしかなくて、おっちゃんはテンション上がりっぱなし。
予想もしないおもしろい状況に。

Acchanも始めは「なんだこの展開は?」と戸惑ってたんだけど、
Acchanたちがやってた”なんちゃってメバリング”って
地元のおっちゃんにしてみれば、セオリーにない釣り方みたいで
おもしろくて仕方ないみたい。

やがて、おっちゃんがAcchanの横に座って、
「エサは?」「道具は?」「このポイントでもあんなに釣れるんか。」
っていろいろ聞かれつつ、Yurikoの釣りを見るのに夢中になってました。

「自分が釣ってるより楽しい。
 さぁ、おねえちゃん、先生(Acchan)の言うとおりに!」


釣り場に着いたときは
「そんなんで釣れるのか?」って感じで声をかけられて
こっちにしてみると
「別に楽しんで釣ってるんだから良いじゃないの。」
って感じだったんだけど、
横に座っていろいろ話してるうちにAcchanのことを先生とか言い出して、
Yurikoにも始めは子供を相手にするような感じだったのが
次第に真剣に「早く釣ってちょうだいよ!」って応援しちゃってました。

ホント釣りっておもしろいね。

1時間以上だろうな、
AcchanとそのおっちゃんはずっとYurikoの釣りを見ながら談笑してたのは。


かわいそうなことにちょうど干潮の潮止まりで、
Yurikoがいくらがんばってもそんなに釣れる時合いじゃないんだよね。

けど、やるときはやる女性でしたよ。

おつかれさん!

よくこの状況で釣ったね。良型じゃないの。

横に座ってたおっちゃんも喜んでましたよ。
「いやぁ、今日はホントに楽しかった。」って笑顔で帰っていきました。

久しぶりに楽しかったな。
Yurikoも大満足な釣りだったみたい。

昨日のテイクアウト。

大漁ですよ!

スゴイでしょ!?

いやいや、メバルは平和の象徴かもしれないね。

by Acchan


人気blogランキング

theme : Onの釣り人
genre : 趣味・実用

comment

Secret

visitors
profile

Yuriko x Acchan

Author:Yuriko x Acchan
Yuriko(左)
- 釣り歴10年ほど。
- グレ好きのヘチ師。
- よく寝る。
- 最近、釣りはご無沙汰。

Acchan(右)
- 釣り歴35年以上。
- ヘチ師。基本的にね。
- いつまでも幼児の心。
- お手軽な釣りが信条。

calender
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
category
archives
recent posts
comments
search this site
ranking
tidegraph
links
new bbs
画像投稿が可能です。
釣果情報、釣果自慢など
お気軽にどうぞ!
well-selling fishing goods