煙る、なんちゃってメバリング

ただいまです。

昨日は午後から雨が止むとの予想なので、
夕マヅメ狙いでYurikoに釣りに連れてってもらいました。

---
日時:2008/05/25(Sun) 16:00~20:30
場所:16:00~17:00 大洗港(フェリー埠頭横)
  →18:30~20:30 磯崎港
潮汐:中潮(干:12:54→満:20:50)
エサ:アオイソメ、ルアー
釣果:Yuriko…ハゼ1(HC)、メバル9(NMB)
   Acchan…ハゼ1(HC)、メバル16(HC=1、MB=1、NMB=14)
  (*HC=ヘチ、MB=メバリング、NMB=なんちゃってメバリング)

---

さてさて、昨日は「グレ、居ないかなぁ」とYurikoの野望もあって、
先ず、久々に大洗のフェリー横でヘチをしました。

さすがにまだ潮が引いてて、ヌル~ってあげてる感じ。
ちょっとアタリはあるものの食いもパッとせずで、
釣り人も多くてヘチ向きではない釣り場になってたこともあって
1時間ちょっとで飽き飽きしてしまう状況。

ただ、投げでは久々にカレイをあげてるのを見ました。
今年は水温がなかなか上がってこないから、
茨城ではまだカレイが釣れてますよね。

と、日が落ちるまで大洗に居ても良いんだけど、
「なんとなく移動したいよね」ってことで、
いざ磯崎へ。


最近の茨城は夕方から霧がひどくて、ライトを充てると
ミストがメチャメチャはっきり見えるくらいの状況なんですよ。
マイナスイオンのお部屋みたいな感じ。

煙る磯崎

50m先は見えないですね。これホント。

ちなみに、いくら暖かくても薄着だと水風呂の中と同じで
どんどん外気に体温が奪われるから注意しましょうね。

と、良く言えば幻想的な雰囲気の中、
食いが渋かった大洗のおかげでアオイソメが結構余っていたので、
最強の『なんちゃってメバリング』を決行しました。

Yuriko、大喜び

生き餌だけに久々にアタリが多く、食いも良いので
Yurikoも上機嫌に釣りしてます。

これやるとメバルのアワセにかなり慣れるだろうから、
メバリングもきっと上達しまっせ。

で、Acchanもメバリングよりは食いが圧倒的に良いもんだから
なんちゃってメバリングで数釣りに勤しみました。

良型ですね

だいたい20cmかな。このクラスのメバルなら引きも楽しいですね。

昨日はメバルが上層に浮いてる感じじゃなかったんだけど、
さすがに生き餌だと活性が多少低くても関係なく釣れますね。

ルアーマンが何人か居ましたけど、
なんちゃってメバリングって気付いてないだろうから、
ずっと釣れてる感じの我々を見てると、
ちょっとした自己嫌悪に陥ったんじゃないかしら!?

「釣れますか?」って聞かれたから、
「ええ、ボチボチ釣れてますよ」って答えたけど。。

ふと、メバリングだとキビシイのかな?と思って
10分くらいルアーを投げたんだけど、
この前釣れたポイントで同じトレースルートを探れば
それはそれでちゃんとメバルがのったから、
ルアーがキビシイ状況でもない様子やね。

が、やっぱり、
アタリまくりの『なんちゃってメバリング』にはかなわないよね。


けどね、いつも思うんだけど、
磯崎はセオリー通りな習性のメバルが多い気がします。

潮が動いているときに、常夜灯周りで、ストラクチャーがある場所。
この条件が揃う場所を丹念に探れば、メバルの反応がちゃんとあるんですよ。
型をあげたければ、小メバルの居ないところを狙うとサイズアップします。

と、磯崎でメバル狙う人の良いヒントになれば良いんだけどな。

by Acchan


人気blogランキング

theme : Onの釣り人
genre : 趣味・実用

comment

Secret

visitors
profile

Yuriko x Acchan

Author:Yuriko x Acchan
Yuriko(左)
- 釣り歴10年ほど。
- グレ好きのヘチ師。
- よく寝る。
- 最近、釣りはご無沙汰。

Acchan(右)
- 釣り歴35年以上。
- ヘチ師。基本的にね。
- いつまでも幼児の心。
- お手軽な釣りが信条。

calender
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
category
archives
recent posts
comments
search this site
ranking
tidegraph
links
new bbs
画像投稿が可能です。
釣果情報、釣果自慢など
お気軽にどうぞ!
well-selling fishing goods