和歌山にて…あきまへんわ

どうもです。
和歌山、4日目です。

---
日時:2010/08/24(tue) 15:00~18:00
場所:築港
潮汐:大潮(干:12:08→満:18:36)
エサ:磯ガニ
釣果:Acchan…ぼーず(ヘチ)

---

さてさて、昨日はなんだか残念な終わり方だったので
今日は夕マズメをしっかり味わおうと
ちょっと長目の釣行となりました。

今日は青空が広がってカンカン照り。
そんでもって、海に着いたときからワリと風が強く、
時間とともに波は立ってくるわ、さらに風も強まるわで、
あんまり海のコンディションは良くない状況。

今日も良い天気

暑すぎて、さらに今年はあんまり釣れないからか、
海はずっと貸し切り状態ですわ。

で、今日は昨日と同じ対岸の方でヘチしたんだけど…

しかしねぇ、アタリがないのよ。

「ヘタクソかいっ!」

って気分になってくるね。ぼーずが続くとさっ。

フグのアタリはあるのです。本命のアタリがねぇ。。
ツンツンってアタリがあって、カニがちょっとかじられる。
それがポツポツある感じ。

”あぁぁ、もう、フグでもええわ”
って気分に何回もなりましたよ、そりゃ。

今日は夕方になるとテンヤを持った
タコのおっさんが2名ほど来たんだけど、
ヘチの最中に
「さっぱりやなぁ、タコ釣れへんわ」
って言いながら、
「ちょっと通してくれるか」
って、人が釣ってる場所にテンヤを通したがるわけですよ。

アホか。
そこまで必死にタコ釣らんでもええやろ。

と思う反面、そもそもアタリもなく何も釣れてないから、
「はいよ」って優しく通してあげたり。

知らんから仕方ないと思うけど、
落とし込み釣りって、ライン落としてるときは
かなり集中してるから、ワーっとダラダラ話かけられても
基本的に応える気がしないわけで。

と、タコ釣りの人は全国どこでも同じような
マナーの悪さと言いますか、気遣いのないおっさんが多いわな。
夏から秋にかけて、よく出没します。

まぁ、まだ和歌山の人は声掛けてくるからマシかな。
茨城だと黙って真横にボトーンって落とすからね。
さらに、テンヤを真横で投げるから危なくてしゃーないしね。

だから、それに比べれば、今日はそんなに腹が立たなかったな。

ええ、なんも釣れてませんから。

しかし、今年の和歌山はちょっとあきまへんな。
水面の海水温は30度だそうですよ。

へぇ、そりゃあかんわ…。
(陽のあるうちは特にね)


夕陽がキレイやった。シケシケやけど。

夕焼けキレイ

釣り師ってのは、
「釣れないからって何でも環境のせいにしちゃいかん」と思うけど、
ちょっと今年はキビシイ予感がする…。

by Acchan


人気blogランキング

スポンサーサイト



theme : Onの釣り人
genre : 趣味・実用

和歌山にて…Yuriko、娘のためにハゲ漁

どうもです。
和歌山、2日目と3日目です。

---
日時:2010/08/22(sun) 15:00~17:00
場所:築港
潮汐:中潮(干:11:10→満:17:51)
エサ:磯ガニ
釣果:Acchan…ぼーず(ヘチ)

---

2日目も潮の動く夕方くらいに少々釣りに行ってきました。

暑い、暑い…。


さてさて、この日も天気が良くてカンカン照り。まぁ、暑いこと、暑いこと。
けど、前日より風は収まっていて、釣りはしやすい状況。

が、釣りやすさの反面、暑すぎてか外道もほとんどアタリがなく、
立入禁止区域まで入ってヘチしてる人が居ましたが、
そこまでしても、どうやら釣れてないご様子。

ボラの子供がずっと水面で口をパクパクと元気にしてたり、
サヨリが表層を気持ちよさそうに泳いでたりと、
(あったかいとサヨリって元気だよね)
ちょっとは活性が高いのかと思ったけど、
フグらしきアタリがたまにあるものの、ほとんどアタリがなく、
どうしたもんかな?と言う状況でした。

で、16:30くらにヘチ釣り師が2組ほど入ってきましたが、
まぁ釣れてない感じでしたね。

3年くらい前だと"落とし込み"してる人なんてほとんど居なくて、
「にぃちゃん、ガシラやってんのか?」なーんて
周りの人に声を掛けられたくらいだったな。

和歌山だと紀州釣りがほとんどで、
落とし込みなんて珍しいものだったけど、
ここ数年でヘチもワリとポピュラーになってきてるみたい。

まぁ、もうちょっとネバっても良いんだけど、
「子供も居ることですし、夜はバタバタするから」
ってことで、これから!ってときでしたが納竿としました。

ええ、これでも親父ですから。。

---
日時:2010/08/23(mon) 15:00~16:00
場所:築港
潮汐:大潮(干:11:40→満:18:13)
エサ:Yuriko…シラサエビ、Acchan…磯ガニ
釣果:Yuriko…ハゲ5(ハゲ釣り/胴付き仕掛け)
   Acchan…ぼーず(ヘチ)

---

さてさて、3日目。今日のこと。

暑いんだけど、薄雲があってカンカン照りではなく、
合宿所のばぁばぁ様に娘を預けて、Yurikoも釣りに行くことに。

Yuriko、ハゲ漁の巻
(対岸から10倍ズームで…うちの嫁さん見えるかしら?)

今年の和歌山は水温が高いみたいで、
ハゲが釣れ出したのも早く、さらに今年はハゲの量が多いらしく、
「アジよりハゲ」ということで、娘のご飯のためにハゲ漁してました。


Acchanはと言うと、ヘチ師が好む方と反対側に行って見ることに。

実は、Acchanはそっちの方が実績があるので、
「今日こそは!」って心に決めてがんばりましたよ。

こっち側ではね、3年前にヘチで40cmのアイゴ釣ったんだよね。
アイゴにしてはエラいデカくて、チヌよりよっぽど引いた記憶があります。

そんな昔話はさておき…、

実際は、個人的には実績の高い対岸側ですが、
確かに昨日までよりは外道のアタリが多いんだけど、
こっち側の魚は、突っつくだけでまったく口にくわえない。

浅いのは明らかにフグのアタリなんだけど、
少し深いと何が突いてるのかよくわからないくらいの
一瞬だけの突っつきが多い。

チャリコだの、ハゲだの、グレだの、フグだの。(小チヌだの?)

「けど、ちょうど潮も動く良い時間だし、
 じっくり釣れば、そのうち本命のアタリが来るだろう」
なーんて思っていた16:00前のこと。

「あぁ、楽しかった。子供が気になるし。(帰ろか)」
すっかり漁が終わって大満足なYurikoさんと爺様が。。

おぉぉ。。。
気合いを入れ直したばかりなんだけど。。。

と、ブツブツ文句を言いながらも、
結局、帰ってしまったAcchanでした。

なんか今日は異常に残念やった。


しかし、和歌山の海は広くて、空も青くて、
とにかく釣りしていて気持ちいい。

やっぱり和歌山は広くて気持ちいい

そう言えば、対岸まで歩いてるときは、
大量のハゲの子供(5cm未満)が水面で群れをなしてパクパクしてた。
昨日に続いてボラの子もパクパクしてたけどね。

釣りしてるときは、たぶん木ッ葉グレだと思うけど、
日陰になってる場所でユラユラとしてたのが見えたよ。

なんか魚も気持ちよさそうな環境だよね。

こりゃ、釣れなくても、ずっと海に居たくなるよね。

しかも暑いせいか、釣り人が居なくて、
プライベート釣り場みたいで開放感たっぷり。
最高や。

もっとゆっくり釣りたかったわ、ホンマ。(もう、ええか)

けど、Yurikoが集中して釣りができたみたいで
しかも、本命のハゲをちゃんと釣ったので
今日はそれで良かったと思います、はい。

ええ、これでも親父であり、旦那ですから。。


そうそう、帰ってきてからYurikoが
「子供の離乳食のために母親が釣りに行くって世の中で少ないよね」
って言うてました。

自分が一番楽しんでたとは思いますが、確かにそう思います。

ええ、あなたは間違いなく釣りバカな母親ですから、がはは。

by Acchan


人気blogランキング

theme : Onの釣り人
genre : 趣味・実用

visitors
profile

Yuriko x Acchan

Author:Yuriko x Acchan
Yuriko(左)
- 釣り歴10年ほど。
- グレ好きのヘチ師。
- よく寝る。
- 最近、釣りはご無沙汰。

Acchan(右)
- 釣り歴35年以上。
- ヘチ師。基本的にね。
- いつまでも幼児の心。
- お手軽な釣りが信条。

calender
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
category
archives
recent posts
comments
search this site
ranking
tidegraph
links
new bbs
画像投稿が可能です。
釣果情報、釣果自慢など
お気軽にどうぞ!
well-selling fishing goods